和華楽(わからく)

 和やかに、華やいで、楽しく      ~カルチャー教室 in 東京都~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽に楽しむお茶席体験より。。。Ⅰ

 おはようございます、yurimomoです
 
  極寒の冬と暖かなの拮抗しております今の時節
    初めてのお庭付き施設での“大寄せ茶会”より。。。

   この度のお部屋は、羨望美しい日本庭園を眺めつつ
     情緒豊かに、“五感で楽しむ茶の湯の魅力”を。。。

  最初のお部屋は。。。
   “菊”の間より。。。のお点前にて
     鴨画賛のお軸にて、渡り鳥の冬を感じ
       やって来る頃から、旅立ちの頃へ・・・
   季節の移ろいを感じつつ
     静かに楽しく、年月を楽しんで参ります事を願って
   
   三寒四温の今、極寒と思えば、暖かなの陽気
     その繰り返しの中に、よくよく見れば。。。
  
   “花をのみ 待つらむ人に山里の
            雲間の草の をせばや”
     “と言えば、花”と思い描きがちですが・・・
     “ほら、そこの雪の下の枯れ草の下に
       新たな新芽のが・・・

           wakaraku 主菓子
           ~ 銘;下萌え ~

      そんな想いのを、お菓子に乗せて。。。
         “鶴屋八幡”様にて、形にして頂きました・
      ・・・真っ白な雪の下に芽吹く新芽の緑
        黒文字を入れますと、凍てつく下には
        暖かな大地の黒の粒餡
        思い通りの素敵なお菓子に・
        この場にて、菓匠の職人技に感謝・

      “芽吹き”は、新たに迎えた力強い“生命力”と
          “未来への希望・”を表します・

      お点前は、極寒にふさわしく“筒茶碗”にて
        銘は“雪片”・光悦の幻の茶碗の写しにて
      お茶が冷めない構造に・、先人の知恵を感じて・・・
 
                           wakaraku 茶道
                           ~ 点前座より ~

           wakaraku 茶道
      ~ 初めてのお客様をお迎え ~

  その他、お道具にて、“松”・“竹”・“梅”
    お茶杓の銘;東風
    ・・・春に吹く、東よりの冷たさの残る荒い風の事

  そして思い起こされますのは・・・
    “東風吹かば 匂ひおひせよ 梅の花
        主なしとて 春を忘るな”の菅原道真公が
    大宰府左遷の折に自邸の梅花を見て詠んだ事で
        知られます和歌

  さて、次は“朝顔”の間にて・・・次回へ


 
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

yurimomo

Author:yurimomo
はじめまして、日頃はおきゃんなおっちょこちょい、和の心・粋でいなせな心意気に憧れておりますyurimomoです。和の真髄、その奥深さに魅せられ茶道・いけばな・フラワーアレンジ・ラッピングなどなど。気がつけば毎日が楽しい日常を送っております。どうぞよろしくお願いいたしま~す

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。