和華楽(わからく)

 和やかに、華やいで、楽しく      ~カルチャー教室 in 東京都~

Archive [2014年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

抹茶について 2 ・・・夏にお勧め

おはようございます、yurimomoです さて、本日は“抹茶”について、前回のつづきの二回目のご紹介です・  さて前回、それぞれの“茶園”により、彩り豊かな缶に入り   抹茶として、販売されており “缶の色”で“お詰め”を見分ける事ができる事をご紹介致しました 今日はその中で、比較的リーズナブルな、甘みのあるまろやかな   初心者の方でもいただき易い“抹茶”をご紹介いたします・ 以下のお茶は、どちらも“濃茶”として、...

抹茶について 1

 おはようございます、yurimomoです さて、本日は“抹茶”について、次回とあわせて簡単に ご紹介致します・  抹茶は、大きく分けて二種類  。。。それぞれ“濃茶” と “薄茶” 用とがございます     この二種は、それぞれの茶葉が異なります    “濃茶”は・・・樹齢の古い茶樹から    “薄茶”は・・・比較的 樹齢の若い茶樹から     それぞれの茶葉が摘まれ、その後行程を経て     石臼で挽かれ、“抹...

炭。。。手前道具

 おはようございます、yurimomoです “茶の湯”と言えば、夏~冬季節に関係なく、必ず用いますのが“炭” 今日は、風炉の季節に用いるごく一般的な“炭手前”のお道具について 簡単にご紹介致します・ まず、炭を入れる器となりますのが“炭斗”  ~竹や籐の籠に内張りをして漆をかけたものが多くあります   他に藤蔓、蓮の茎、こより、紐を編んだものなど   また籠類の他に、一閑張・瓢(ふくべ)・曲物、指物、蒟醤(きんま)・...

楚々とした清廉さ

 おはようございます、yurimomoです 梅雨に入り、連日の雨空・    そろそろ晴天の青空・ が恋しくなって参ります頃 うっとうしい雨の日、陽の光が入らない分   お部屋の中も、なんとなく薄暗く、その為か気分も今ひとつ  そんな時、楚々とした山野草を用いた   茶花をお部屋に取り入れてみてはいかがでしょう・ 例えば。。。   初夏、爽やかな清流に乗る若鮎を想い・・・   “鮎籠”を用いて。。。      ...

楽しく迎える梅雨

 おはようございます、yurimomoです さて、早いもので年が明けてより早六ヶ月目に入りました そろそろ梅雨入りの聞かれます候、皆様、雨対策はいかがされますか? 梅雨。。。といえば、うっとうしさが先にたってしまいますが・・・   そんな時こそ、気分をあげて     少しでも、楽しく過ごしたいですね~・ そんな時、お部屋の乾燥に役立ちますのは、除湿機はもちろんなのですが・・・    昔から夏といえば、風・...

what is 唐津焼?

 おはようございます、yurimomoです さて、先月に引き続き・・・   肥前国(現在の佐賀県・長崎県)が生産地の陶磁器のお話です・ 16世紀末に、朝鮮から渡来した陶工達により盛んになりました   肥前国のやきもの・陶器は、唐津港から積み出された事から  “唐津焼”と呼ばれるようになりました 唐津焼の特徴は、李氏朝鮮から伝わったとされる伝統的な技法により  現在に受け継ぎ根付いているところにあります 特に、...

左サイドMenu

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

yurimomo

Author:yurimomo
はじめまして、日頃はおきゃんなおっちょこちょい、和の心・粋でいなせな心意気に憧れておりますyurimomoです。和の真髄、その奥深さに魅せられ茶道・いけばな・フラワーアレンジ・ラッピングなどなど。気がつけば毎日が楽しい日常を送っております。どうぞよろしくお願いいたしま~す

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。