和華楽(わからく)

 和やかに、華やいで、楽しく      ~カルチャー教室 in 東京都~

Archive [2013年06月 ] 記事一覧

ある漫ろ雨の日

 おはようございます、yurimomoです いよいよ本格的に梅雨らしい雨模様・   そんなある日のお茶室にて。。。 雨露がよく似合う・・・そんな感じの茶花             ~ 山帽子・額紫陽花 ~   二十四節季より。。。“芒種”の内の“梅の実も色づく頃”                                 ~ 梅酒羹で爽やかに ~ 外では漫ろ雨に濡れた“紫陽花”の花も色彩鮮やかに・・・  ...

長持ちの秘訣

  おはようございます、yurimomoです 梅雨・とはいえ、初夏を通り越した記録的な気温に   まだまだ慣れない・ 頃、なかなか体がついてゆくのも大変 そんな夏。。。私たちだけでなく、植物・ だって大変です まず一番は。。。しっかりと“水切り”を怠らないこと   これは、植物にとっては、     とてもとても大切な事なので、必ず行ってくださいね・(*^^)v そして、持ち歩き・・ の際には、   植物の切り口に水を...

五月雨

 おはようございます、yurimomoです 梅雨のこの時期。。。   以前は、今のこの“梅雨”の事、“五月雨”と呼ばれておりました いわゆる旧暦の五月・・・現在の六~七月のちょうど梅雨時の事です “五月雨”は、農耕民族でありました私たちの祖にとりましては    。。。まさに天からの贈り物・・・恵みの雨・       田植えも終わり、水田には水が満ち、土が潤う頃       また、その清らかな水からは、蛍・の光が...

6月の装い

 おはようございます、yurimomoです 六月も中盤、鮎釣りの解禁の頃となりました  梅雨の頃の六月は、縮緬や紬などの単衣(ひとえ)で装います 帯も絽、絽塩瀬、絽縮緬、絽綴、紗、羅、紗紬、麻、博多帯など 九月までは、夏物を用います  最近は昔と違い、更衣に厳格ではなくなりましたので 蒸し暑い日が続く“夏至”の前後からは、 絽や紗などの透け感のある“薄物”で装うのも良いでしょう “紗合わせ”にはベストシーズンと言...

お似合いの雨

 おはようございます、yurimomoです さて、例年より一足早く発表されました梅雨入り・  梅雨と言えば雨・ ですが・・・  雨のよく似合う花。。。といえば・・?・?・?  皆様もよくご存知の花 『紫陽花・』 紫陽花は、ユキノシタ科の植物で、原産地は、日本 学名 Hydrangea macrophylla   英名 Hydrangea ~紫陽花・ は、高さ1.5~2mの落葉低木  葉は対生し、卵型から広卵型で、縁に鋸歯があり濃緑色  花...

不思議な幸福・❤

 おはようございます、yurimomoです 梅雨入りして 早くも一週間近く   うっとうしく嫌だ嫌だと思う事はたやすいのですが せっかくですからこの雨・    。。。いっその事、楽しんでしまうのはいかがでしょう・ 子供の頃、水たまりを長靴・で、ジャブジャブと歩いたり 。。。しませんでしたか?。。。(^^ゞ そんな今、梅雨頃にピッタリの「雨」を表すお言葉をご紹介・  片時雨(かたしぐれ)・・・ある場所では雨が降り...

千家十職Ⅵ・・・柄杓・竹細工師

 おはようございます、yurimomoです さて、千家の道具師として茶の湯の美をつくりあげて参りました十の職家  第六段。。。“竹細工・柄杓師・”『黒田家』をご紹介致します・ 『黒田家』での柄杓づくりは。。。 初代・正玄となる七郎左衛門が、関ヶ原の合戦に従軍し敗れた後 秀吉により天下一の称号を許されていた柄杓師・一阿弥について 柄杓づくりを学んだ事に始まります 江戸時代に入り、小堀遠州の推挙により 三代将軍...

左サイドMenu

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

yurimomo

Author:yurimomo
はじめまして、日頃はおきゃんなおっちょこちょい、和の心・粋でいなせな心意気に憧れておりますyurimomoです。和の真髄、その奥深さに魅せられ茶道・いけばな・フラワーアレンジ・ラッピングなどなど。気がつけば毎日が楽しい日常を送っております。どうぞよろしくお願いいたしま~す

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー